激務だけど看護師の仕事の魅力があります

どんな仕事でも、業界用語があるものです。

その理由としては、仕事を滞りなくこなすためなどでいろいろな業界用語が発展しています。

医療の現場で働く方でも同じようにその職独特の言葉が使われているのです。

例えば、心マは心臓をマッサージすること、ギネが女性専用の科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションなど、多くの業界用語を使用して業務を進めています。

交通事故で救急搬送された場合に、医師が気付けなかった鎖骨が骨折していることに気づいて処置をしてくれたのは若い看護師の方でした。

後で知ったのですが、かなりお若いのにその時既に、看護師長の立場でした。

きっと能力評価が正当に行われた結果なのだと思います。

看護師の平均的なお給料額は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが事実のようです。

そのため、いつもよりよい賃金を支給してくれる勤務先を希望して転職に向けて活動している人がいます。

月給が良い病院は、やっぱり人気でめったに求人が出ないので、看護師専門の転職サイトなどを使って、転職のために活動しているケースも少なくありません。

昔は男性の看護士に制限して、士という漢字を使用していました。

ところが、今は男でも女でも、看護師という仕事に従事している人ならば、師という漢字を使用するようになっています。

看護師と看護士が共存していると、あやふやで分かりにくくなるので、一つに変更されたのだと思います。

看護師というのは各医療機関で大変重要な役目を受け持っています。

ですが、ほとんどの病院や医療施設では看護師不足となっているのが現状なのです。

医療現場では、看護師不足問題を全く解消していません。

これからは、少しでも早くこの問題を解決に導く必要があると言えます。

看護師の稼業で大変な事の一つに、夜間の勤めがあるという事があります。

医療組織では夜間でも患者さんの病状が急変する事も少なくありません。

その時に、迅速に対処するために看護師には、夜間勤務があるのです。

しかし、看護師にとって夜間勤務というのは健康状態を悪くしやすくなりますし、負荷が大きいと言えるのです。

現在も、看護師は人手の不足が叫ばれています。

この人手不足をなんとかするには、現在、看護師の資格を取得していながら看護の仕事に就いていない人に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと感じます。

そうするには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が良くしていくことが大事でしょう。

産業看護師は働く人の健康のために保健について指導したり、うつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。

産業看護師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのは無理かもしれません。

興味のある方は看護師専用の転職HPを利用してください。

そういうサイトなら、産業看護師の募集も多数紹介されています。

看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。

月に8回までと国の指針によって決められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。

仕事をしている病院の勤務形態では、規則的な生活を送れなくなったり、過労になる人が多いのも、看護師を辞める割合が高い理由の一部かもしれません。

私の顔見知りの看護師が、この間、転職をしたようでした。

ラクそうな職場だったのに、どうしてなの?とわけを聞くと、「暇でしょうがなかった。

もっとバリバリと働きたい」とのことだったのです。

なるべくなら、仕事をしたくないと思っている人が多い中で、彼女みたいな考え方が出来る人もいるものなのですね。

看護師が実力を磨いたり、ステップアップするには色々な方法があります。

今の医療機関から異なる病院や医療施設などへの転職も選択肢の1つです。

また、最新の技術や広範な知識を手に入れるためには様々にある看護に関連の資格合格を目指すのも1つのスキルアップの方法といえます。

すぐに、退職をする看護師はかなり多いです。

女性がたくさんいるので、一度こじれると面倒で、辞めても、再就職をすることが難しくないことがあるようです。

他の仕事と比べて再就職しやすいため、理想の労働条件とあまりにも違っているようなら、退職し、違う病院などに転職する人も少なくはありません。

看護師が転職をするにあたっては、将来の自分のことを想像して早めに行動を起こすことが大切です。

それから、どんな点が大切なのかを決めておくことをお勧めします。

将来の自分の姿を明確にして、そのビジョンに沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。

年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件もリストアップしておきましょう。

看護師が転職を行う場合はしっかりと履歴書を書く必要性があります。

履歴書には、大切なポイントがいくつかあるのです。

まず使用する写真は、過去三ヶ月以内に撮った直近の写真を使うようにします。

また、住所、氏名等の項目は間違わずにきちんとした文字で分かりやすく丁寧に書いていくことが大切なことなのです。

一般的には、看護師は厳しい労働だと認知されています。

これは、近年の病院の雇用環境の問題がきっかけで、長期間にわたって続く人手不足より就業時間が長引いてしまう傾向が原因です。

長時間の労働環境に加えて、1ケ月に何回か組み込まれる夜勤がありますから、常日頃から疲労とストレスを抱えている看護師が多くなってしまうのでしょう。

看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊である上に職場によっても変わってきます。

体制は一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。

2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。

残業をした場合、ちゃんと残業代が出るというのは至極当然です。

でも、これが看護師の場合、時と場合によっては残業代が十分に出ないといったことがあります。

とりわけ、転職をしたばかりで転職先に不慣れな場合は、なかなか残業申請をしにくいムードなのです。

看護師の労働環境を改善するためには、ちゃんと残業代が出るようにする必要があるでしょう。

日本は長寿化が進み今となっては超高齢化社会となってしまいました。

この中で、需要が高い職業が医師と看護師、介護士だと思います。

全て専門知識とか技術が必要とし、簡単な仕事ではないです。

この3つの職種の従業者の育成を政府は今よりも、真剣に考慮した方がいいと思います。

高齢化が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが増してきているのです。

さらに、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアをとり行っています。

このようなケースは、その会社組織の社員として入社をすることもあることでしょう。

看護師は患者の人の生命に関わるような仕事をしていますので、非常に精神を酷使しています。

だけど、それでいて、お世辞にも、高給とはいえない給料でがんばって仕事しているのです。

そのような看護師の仕事に対するモチベーションを向上させるために、ぜひ、高給にしてほしいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。